top of page

小学校受験はいつから対策する?

更新日:2022年12月16日


受験の早期化で、「早めから子供に良い教育を受けさせたい」「将来の高校受験、大学受験に有利な小学校を選びたい」と考える家庭が増えています。


では、小学校受験の勉強はいつから始めるのが良いのでしょうか。




年中から始める家庭が多い


小学校受験は10月か11月に行われるところが多いです。一部の学校では9月に入試があります。

一般的には年中から年長にかけて幼児教室に子供を通わせる家庭が多いようです。

年中の秋から対策を始めると、受験までちょうど1年くらいになります。


ただし、近年小学校入試の人気は上がってきているので、受験をすると決めたら、もっと早くから通った方が合格可能性は上がります。また、難関私立小学校と言われる学校を受験する場合、最低でも対策の期間が2年はほしいところです。



 



幼児教室には通わせるべき?


小学校受験は試験問題の種類が多く、家庭ですべての対策を行うのがなかなか難しいです。

また、行動観察など、集団の中でのふるまい方の練習なども家庭で行うことは困難ですよね。


幼児教室は各小学校の受験情報も豊富に持っていますし、保護者にも生徒にも友達ができてモチベーションアップにもつながります。


受験が決まったら、早めに問い合わせてみることをお勧めします!







閲覧数:415回0件のコメント

Comments